『そして父になる』

そして父になる
日曜日だった昨日、「アルセスト」の6回目公演があったので、今日は一日オペラ座の仕事がオフでしたが、夜、何気なくテレビを付けたら是枝裕和監督『そして父になる』(2013年)をやっていたので、そのまま最後まで観てしまいました(^^;
子供の取り違えという出来事に遭遇した2組の家族を通して、愛、絆、家族とは何かを描いた作品で、カンヌ映画祭で審査員賞を受賞して話題になりましたが、テーマの割には物語が淡々と流れ過ぎている感がありました。もう少し子供の感情を掘り下げて描いても良い気がします。

カテゴリー: 映画・テレビ タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*