東野圭吾:『祈りの幕が下りる時』

祈りの幕が下りる時
東野圭吾著『祈りの幕が下りる時』を読みました。
この文庫本は先週末注文したのですが、家内が帰国後に送った小包に一緒に入れてくれたのです。その小包が今日届いたので、早速、午後から読み始めてつい1時間程前に終えました!
東野作品の中では「加賀恭一郎シリーズ」が特に好きなのですが、今回は事件と加賀の母親との繋がりから仙台をはじめ、宮城県内の町々の名前も登場するので非常に懐かしくかったです。
今回も謎解きミステリーは期待を裏切ることなくとても面白かったです(^^)

カテゴリー: 書籍・雑誌 タグ: パーマリンク

東野圭吾:『祈りの幕が下りる時』 への2件のフィードバック

  1. のコメント:

    ずっと加賀さんのファンなのですが、本書は特に切なかったですね。

  2. ひで のコメント:

    涼さん、こんにちは。

    僕は「面白い」と書きましたが、確かに「切ない」という方が
    より適切かも知れませんね。同感です。

コメントは停止中です。