消毒アルコールジェル・ディストリビューター

消毒アルコールジェル・ディストリビューター
こちらフランスは外出禁止令が緩和されてから一週間が経ちました。
今日は朝から天気も良かったので、午後は家内と一緒に、久し振りにパールデューまで散歩に出掛けました。
外出規制中は自宅から半径1kmまでの距離しか移動できなかったので、我が家からだとパールデューが丁度そのリミット。家内はパールデューまで行くのは、外出禁止令が発令される前日にカルフールに買い物に行って以来だと言っていました。そのカルフールも入っているショッピングセンターは、4万㎡を超える大型商業施設なので政府規制の基準に当て嵌るため現在も殆どの店舗が閉まったままで再開も未定です(スーパーや薬局等を除く)。

写真(1枚目)は、メトロポール・ドゥ・リヨン(リヨンを中心に周辺59市町村からなる地方公共団体)に無料で設置されている消毒アルコールジェルのディストリビューター『ミス・クリーン』。仏国鉄SNCFパールデュー駅の駅前広場にありました。現在のところ予定されているのは22箇所で、昨日から順次設置が始まりました。
手をかざすとジェルが自動で出てくる仕様ですが、噴出口と量が分かり辛い所為もあってか、多くの人が手で受け止めるのを失敗したようですね(^^;
因みに、某国では無料を良いことにペットボトルやらバケツを持って来て、大量に汲んで行ってしまうという輩も多くいたようですが、このディストリビューターの場合は、仕様上それは不可能だという説明がニュースサイトにありました(笑)。

消毒アルコールジェル 〜 駅構内
こちらは仏国鉄SNCFのパールデュー駅構内に設置されたSNCFの無料ディストリビューター。全部で4台設置されていました。
「私は自分自身と他の人を守ります」と書いてあります。
グラン・リヨンのジェルよりもちょっと濃いめ? 手を擦り合わせてからベタベタが消えるまで少し時間が掛かりました(笑)。

消毒アルコールジェル 〜 店舗入口
これは店舗の入口に設置されたポンプ式の無料ディストリビューター。盗られないように結束バンドで括り付けてありました。
「皆を守るために、入店前に両手を消毒する必要があります」と但し書きがありました。

今後、店舗によっては両手の消毒だけでなく、入店前に検温するところも出てくるかも知れないということですが、コロナウイルスが終息していない上に、第二波の危険もあるので用心に越したことはありませんね。

カテゴリー: 日記・コラム・つぶやき タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください