電子書籍」タグアーカイブ

ラーゲルクランツ:『ミレニアム 5』

この数日、ただ安静にしているだけでは勿体ないので、ダヴィド・ラーゲルクランツ著『ミレニアム 5 復讐の炎を吐く女』を読みました。 とても良く書けているしそれなりに面白かったですけど、リスベットの活躍が少なくてちょっと残念 … 続きを読む

カテゴリー: 書籍・雑誌 | タグ: | ラーゲルクランツ:『ミレニアム 5』 はコメントを受け付けていません。

横山秀夫:『陰の季節』

未だインターネット復旧せず! 一体いつになったら元通り使えるようになるのか分からないという最悪なパターンですよ(>< 携帯電話のデータ通信量は後一週間位で1か月の使用可能容量の限界値に達してしまいそうな勢い! このままの … 続きを読む

カテゴリー: 書籍・雑誌 | タグ: | 横山秀夫:『陰の季節』 はコメントを受け付けていません。

古川春秋:『BORDER』

先日、ロンドンに行った際の往復の車内で古川春秋著(金城一紀・原著)『BORDER』を読みました。 事件で頭に銃弾を受け生死の境 “BORDER” を彷徨った後に生還し、死者の姿が見えるようになった … 続きを読む

カテゴリー: 書籍・雑誌 | タグ: | 古川春秋:『BORDER』 はコメントを受け付けていません。

池井戸潤:『なるへそ』

池井戸潤著『はるへそ』を読みました。 先日、イギリスに行った際に機内で暇つぶしに読んだのですが、これって本当に池井戸作品なの?と疑ってしまいました。基本的にこの作家は嫌いじゃないんですけど、きっとこの手のジャンルは個人的 … 続きを読む

カテゴリー: 書籍・雑誌 | タグ: | 池井戸潤:『なるへそ』 はコメントを受け付けていません。

田中ミエ:『ダンナ様はFBI』

田中ミエ著『ダンナ様はFBI』を読みました。 これは元FBI捜査官と結婚した著者の日々の生活を綴ったエッセイですが、面白いだけでなくプロファイリングやコミュニケーション理論等、とても参考になる部分も多々ありました。 そし … 続きを読む

カテゴリー: 書籍・雑誌 | タグ: | 田中ミエ:『ダンナ様はFBI』 はコメントを受け付けていません。